#4 今後の人生設計

【自分マインド4話目】
本記事は日記のような、しょぼ〜い記事です。
興味ない方、
そっとタブを閉じて、
大切な時間を他に割いてください…

次のステップでシリコンバレーのエンジニアへと突き進みます。
2020年 甲南大学3年生
2021年 海外大学4年生(アメリカの大学へ編入)
2022年 海外就職(アメリカ)
アメリカのエンジニアに…

この人生設計が考えられるまでには
沢山の道のりがありました。

ただただカッコよさを求めて、
宮内輝と出会い、ボランティアサークルを設立したのがスタートです。

更にカッコよさを求めて、
NPO法人PALAFOOLを設立し、
宮内輝は沢山の営業へ
僕はPALAFOOLのホームページや名刺などのバックサイドを担当し、
ITと営業力の2足歩行で宮内輝とPALAFOOLを成長させました。

そんなPALAFOOLの成長の中で、
沢山の方と関わり、「海外」へと編入できる可能性をある方に教えて頂きました。

今ではその可能性が現実へと変わり、
実際にアメリカの大学へと編入しアメリカへと就職している僕が
くっきりと想像できます。

宮内輝との出会い、
沢山の方との関わりによって、「海外」が現実へと変わり、
目標ができました。

また、帰国子女の同期とも出会い、
海外へ行くために沢山手伝ってもらっています。

本当にたくさんの繋がりに感謝感謝です。

この経緯から、大学生のなんでも自由できることの可能性ってすごいなぁ
と、大学生がてらに感じます。

これからも、
夢に向かって、
まずはTOEFLの勉強頑張ります!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました\(^o^)/

前田航汰

僕の超オススメな本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です