【NumPy】行列の宣言をPythonで実装する方法

本記事は行列計算についてPythonを利用しながら、学生エンジニアが初心者の方へ向けて優しく解説しています。NumPyとは、Pythonによる機械学習の計算を速く、効率的に行うことが可能のモジュールです。NumPyを用いた行列の宣言の方法を一緒に学習しましょう!

行列の宣言

import numpy as np
A = np.array([[1, 2],[3, 4]])

Pythonでの行列の宣言方法は、このたった2行だけ。
これだけで、NumPyを利用して計算を行うことができます。

行列を、3次元、4次元と次元を増やしたければ、下のように「[]」を増やせばOKです。

import numpy as np
A = np.array([[1, 2, 3],[4, 5, 6],[7, 8, 9]])

np.arrayを利用する理由

A = [[1, 2, 3],[4, 5, 6],[7, 8, 9]]

もちろん、このように配列を宣言して行列のように扱うことはできるのですが、
NumPyを利用して宣言をした方が、計算できる種類の幅が格段に上がります。

なぜ、「np.array()」を利用しなければいけないか、についての話は、
少しむずかしいので、行列計算をする上で勝手が良いとだけ思ってもらえれば。

そういう理由で、Pythonで行列を宣言する際には「np.array()」を利用します。

Pythonで実装

import numpy as np
A = np.array([[1, 2],[3, 4]])
print(A)
【実行結果】
[[ 1  2]
 [3 4]]

非常に簡単ですね。

ということで、本記事はPythonのNumPyを用いた行列の宣言についてについてまとめました。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました\(^o^)/

超オススメのPC用品

PCを操作する上で、トラックボールマウスが非常におすすめです!
僕も感動したこのマウスを、騙されたと思って使ってみてください!(^^)

外部モニターで2倍以上の効率化が見込めます!
安いものだと、たったの1万円前後なのでおすすめですよー!\(^o^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です