GitHubへの新規リポジトリの追加方法!【超わかりやすく解説】

本記事ではGitHubの新規リポジトリを追加する方法を超わかりやすく解説しています。GitHubを利用するためには新規リポジトリを追加しなければなりません。そんなGitHubの新規リポジトリ追加方法を解説します!

前提

・Gitの概念を理解している
・GitHubアカウントを作成している
上の前提に本記事を作成しました。まだの方は下の記事からどうぞ。
>>【Git】Gitの仕組みを理解する【概念を図解でわかり易く】
>> GitHubアカウント作成(公式サイト)

ローカルリポジトリの作成

initでセットアップ

ターミナルから追加したいフォルダが保存されているディレクトリへ移動します。
移動できたら、下のコマンドを実行しましょう。このコードは「ローカルリポジトリを作成する準備を行います」という意味のGitコマンドです。

git init

addでインデックスに登録

次に「add」をしてインデックスに登録しましょう。
「 . 」は全てを一括でaddするという意味です。ここを「git add file.txt」などと特定の追加するディレクトリを指定することもできます。

git add .

コミット

つぎに、コミットを行いましょう。
下のコマンドを実行することでcommitが可能です。コメントの部分はGitHub上から閲覧できるコメントとなるので、誰が見ても分かりやすいコメントを残しましょう。「初めてのコミット」などでも良いと思います。

git commit -m "コメント"

GitHubでリモートリポジトリの作成

GitHubにログイン

GitHubにログインしてリポジトリを作成しましょう。
GitHubにログインして下の画面に移動し、Newをクリックします。

必要事項を入力しましょう。
PublicやPrivateなどどちらでも構いません

こうして下の画面に移るはずです。これでリモートリポジトリの作成は完了です。
ここからは、今作成したリモートリポジトリと、先ほど作成したローカルリポジトリを紐付ける作業です。

下の画面から「SSH」をクリックして、右側のコードをコピーしましょう。
「SSH」「HTTPS」は送信プロトコルです。難しく感じる方は、「HTTPS」より「SSH」が安全だから「SSH」を利用するという考えで大丈夫かと思います。

ローカルとリモートの紐付け

リモートリポジトリの情報を取得

さきほどコピーしたコードを利用して、リモートリポジトリの情報をローカルに紐付けます。
下のコマンドを実行しましょう。

git remote add origin コピーしたURL

pushでローカルリポジトリをリモートリポジトリへ登録

次に、ローカルリポジトリをリモートリポジトリにpushします。
下のコマンドを実行しましょう。

git push origin master

GitHubのページを確認すると、新規リポジトリが追加できていることが確認できると思います。

GitHubの新規リポジトリの追加方法を理解頂けましたか?
新規リポジトリの追加はGitHubを理解する上で始めの一歩です。
分からないことや質問は、本記事一番下のコメント機能で受け付けますので何でもコメントくださいね。

とうことで本記事は、
GitHubの新規リポジトリを追加する方法を分かりやすく解説しました!
最後まで読んでいただきありがとうございました\(^o^)/

おすすめのPCグッズ

PCを操作する上で、トラックボールマウスが非常におすすめです!
僕も感動したこのマウスを、騙されたと思って使ってみてください!(^^)

外部モニターで2倍以上の効率化が見込めます!
安いものだと、たったの1万円前後なのでおすすめですよー!\(^o^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です