MacへReact Nativeのインストール【最新版】

アプリを簡単に作ることができる、React NativeのMacへの簡単なインストール方法を解説します。インストール方法で躓く人の多いので、非常に簡単にわかりやすくReact Nativeをインストールします!

本記事に適している方

React NativeとExpoでアプリ開発に向けて本記事を作成しました。
Expoを使わない開発ケースもありますが、今回は「Expoを利用した開発ケース」としてReact Nativeのインストール方法を紹介します。

Homebrewのインストール

React NativeをmacにインストールするためにはHomebrewが必要です。
Homebrewはmac(Linux環境下)のパッケージマネージャです。

Homebrewが自分のmacへ既にインストール済みの方は読み飛ばしてください。
入っているかどうかわからない方は下のコマンドを、ターミナルで実行してください。

brew --version

もしインストール済みであれば、下のようにバージョンが表示されます。
インストールされていなければ、エラー表示されますので一緒にインストールしていきましょう。

Homebrew 3.1.9

Homebrewのインストールは下の記事でまとめていますので、下の記事よりインストールしてください。
インストールは非常に簡単です。
3分程度で完了できますので、カップ麺を作る感覚でインストールしてみてください。

MacへHomebrewのインストール【最新版】

Android Studioのインストール方法

ここから、使いやすいように初期設定を色々といじったりということがあるのですが、
その部分はまた解説しますね。

ということで本記事は、
React NativeをMacにインストールする方法を解説しました!
最後まで読んでいただき、ありがとうございました\(^o^)/

超オススメのPC用品

PCを操作する上で、トラックボールマウスが非常におすすめです!
僕も感動したこのマウスを、騙されたと思って使ってみてください!(^^)

外部モニターで2倍以上の効率化が見込めます!
安いものだと、たったの1万円前後なのでおすすめですよー!\(^o^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です