【Swift】Date型とString型の型変換

Date型とString型の型変換

本記事の内容

実行環境

Swift5.6

実装

Date型とString型を相互変換するコードです。

import UIKit

class DateUtils {
    class func dateToString(dateString: Date, format: String) -> String? {
        let formatter: DateFormatter = DateFormatter()
        formatter.calendar = Calendar(identifier: .gregorian)
        formatter.dateFormat = format
        return formatter.string(from: dateString)
    }

    class func stringToDate(dateString: String, fromFormat: String) -> Date? {
        let formatter = DateFormatter()
        formatter.locale = .current
        formatter.dateFormat = fromFormat
        return formatter.date(from: dateString)
    }
}


let dateString = "2022-04-15 11:00:00 +0000"

// String→Dateに変換
let date1 = DateUtils.stringToDate(dateString: dateString, fromFormat: "yyyy-MM-dd HH:mm:ss Z")!
// →2022-04-15 11:00:00 +0000


// Date→Stringに変換
let date2 = DateUtils.dateToString(dateString: date1, format: "yyyy年MM月dd日")!
// →2022年04月15日

ということで、Date型とString型の型変換を自分のメモ程度にまとめました。
本記事を書いている僕自身は、まだSwift初学者のためコードに至らない点が多いと思います。参考程度にご活用下さい。
アドバイスやコードの改善などあれば本記事の最後の部分からコメントしてくださいね。
最後まで読んでいただきありがとうございました!

おすすめSwift書籍

Swiftを学ぶなら、間違いのない2冊はこちら

Xcodeを学ぶなら下の一冊



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です