> udemyで学習する

【Python】辞書型の削除【超わかりやすく解説】

本記事はPythonの辞書型の削除方法を学生エンジニアが初心者の方へ向けて優しく解説しています。Pythonは非常に多くのエンジニアが利用する、手を付けやすい言語です。Pythonでの重要な辞書型の削除方法を一緒に学習しましょう。

辞書型の削除 . popメソッド

x = {'a':1, 'b':8, 'c':35}
print(x.pop('c'))
print(x)
【実行結果】
35
{'a': 1, 'b': 8}

『変数名 . pop( )』を行うことで、
指定した値が取り出され、辞書型から削除することができます。

このように、
『popメソッド』では1つずつ取り出しながら削除することができます。

辞書型の削除 . clearメソッド

x = {'a':1, 'b':8, 'c':35}
print(x.clear())
【実行結果】
None

『変数名 . clear()』と記述することで、
指定した辞書型の一部、もしくは全体を削除することができます。

辞書型を削除する際は、この「clearメソッド」が一番の王道です。

リスト型の削除 . del関数

x = {'a':1, 'b':8, 'c':35}
del x['c']
print(x)
【実行結果】
{'a': 1, 'b': 8}

「clear」メソッドと同じように「del」を用いて辞書型を削除することもできます。
上のコードを見ながら確認してみてください。

しかし、辞書型は非常に強力なので使用することは勧められません。
下のコードを書くと、指定した辞書型の変数が存在すらしないことになるのでエラーが返ります。

x = {'a':1, 'b':8, 'c':35}
del x
print(x)

delを用いればバグの原因にもつながるので、
あまり使わないほうが良いでしょう。

以上でリスト型の削除についての解説を終わります。
最後まで読んでいただきありがとうございました\(^o^)/

Pythonの超オススメ本

この1冊でPythonのほとんどが完結する、間違いのない本ですよ\(^o^)/
つまづいたときに逆引きするPythonの辞書代わりにもなります!

PCを操作する上で、トラックボールマウスも非常におすすめです!
僕も感動したこのマウスを、騙されたと思って使ってみてください!(^^)