【Python】for-else文【超わかりやすく解説】

本記事はPythonのfor-else文を学生エンジニアが初心者の方へ向けて優しく解説しています。Pythonは非常に多くのエンジニアが利用する、手を付けやすい言語です。Pythonでの重要なfor-else文を一緒に学習しましょう!

for〜else文

下の2つの実行例を見比べてください。
なぜfor-else文が必要なのか、よく分かると思います。

実行例1

for food in ['Apple', 'Banana', 'Lemon', 'Cherry']:
    if food == 'trash':
        print('ゴミがあったのでbreakしました')
        break
    print(food)
else:
    print('ループ処理は正常に終了しました')
【実行結果】
Apple
Banana
Lemon
Cherry
ループ処理は正常に終了しました

実行例2

for food in ['Apple', 'Banana', 'trash', 'Lemon', 'Cherry']:
    if food == 'trash':
        print('ゴミがあったのでbreakしました')
        break
    print(food)
else:
    print('ループ処理は正常に終了しました')
【実行結果】
Apple
Banana
ゴミがあったのでbreakしました

このようにfor〜else文では、for文のループを行う際に、
対象のエラーや飛ばしたい処理を先読みして、飛ばすことができます。

使う機会は少ないかもしれませんが、
Pythonを深く学習していくうちに機会が増えていきます。

以上でPythonのfor-else文についての解説を終わります。
最後まで読んでいただきありがとうございました\(^o^)/

Pythonの超オススメ本

この1冊でPythonのほとんどが完結する、間違いのない本ですよ\(^o^)/
つまづいたときに逆引きするPythonの辞書代わりにもなります!

PCを操作する上で、トラックボールマウスも非常におすすめです!
僕も感動したこのマウスを、騙されたと思って使ってみてください!(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です