> udemyで学習する

【経験談】スカイダイビング関西・魅力を徹底解説!【実際の映像付き】

【実際の映像付!】スカイダイビング関西・徹底解説!【料金、体験談など】

スカイダイビングしたい人
「 スカイダイビングをしたいけど関西でできる場所は? 不安だから実際の体験談を知りたい!」

こういった疑問に答えます。
(記事の最後に、実際に僕が飛んだ映像があります!! )

スカイダイビング関西とは?

スカイダイビング関西とは?

西日本で唯一の施設

スカイダイビング関西は
西日本で唯一スカイダイビングができる施設です。

関西に住んでいて、
『スカイダイビングをしたい!』と考える方は
スカイダイビング関西の1択となるでしょう。

【補足】
海外のスカイダイビングは日本では体験できない高度から、
日本より安い価格でジャンプできることもあるので、 おすすめです。

スカイダイビング関西の高度

スカイダイビングは一般的に
1000~4000mの高度からジャンプします。


スカイダイビング関西では、
どのくらいの高さからジャンプするのでしょうか?

天候にもよりますが、
約3500mの高度からジャンプします
(約40秒間のフリーフォールを体験できます)

兵庫県豊岡市の日本海に近い上空からジャンプするので、
日本海まで見渡すことができます。

天気が良ければ京都府の「天橋立」も見ることができ、
絶景が広がります。

【補足】
高度3500メートルは雲よりも高い高度です。
たとえ雲が多い日でも、
雲の中にジャンプする経験はめったにできません。

タンデムスカイダイビングとスカイダイビングスクール

スカイダイビング

スカイダイビング関西では、
体験タンデムスカイダイビング』と『スカイダイビングスクール』の二種類があります。
それぞれについて解説します。

体験タンデムスカイダイビング

タンデムスカイダイビングとは熟練者と未経験者2人で、
同じパラシュートをくくりつけてジャンプすることです。


「なにかの記念にスカイダイビングしてみたい!」
「人生で1度はスカイダイビングしたい!」

と思う方はこのタンデムスカイダイビングです。

タンデムスカイダイビングを一緒に飛ぶための熟練者になるためには、
500回のスカイダイビング経験が必要です。

それだけの経験量がある方が一緒に飛んでくれるので、
初めてでも安心です。

料金

1回のジャンプの料金は50000円です。(当日現金のみ)
体験費用・ビデオ撮影・入会費・保険料・機材費・施設使用料 すべて込み。

一般的に、「ビデオ撮影には別途8000円」 となる場所が多いので、
ビデオ撮影が料金に含まれているのはありがたいです。

加えてビデオは、
GoProで撮影した綺麗な映像をその日に携帯に入れて持ち帰ることができます。

(実際に僕を撮影していただ映像を、記事の最後に載せています)

スカイダイビングスクール

合計約9回のジャンプを行い、自分1人で飛べるようにライセンスを取得できるように目指します。

人がいっぱいになると一時的に締め切りますが、
非常に人気なため、すぐに締め切られます。


天候によりますが、
最短1週間程度でスクールを卒業でき、
1人でスカイダイビングできるようになります。

料金

約36万円です( 9回のジャンプや保険料など全て含む)

詳しい料金などが細かく決められているので、
公式のHPからの確認をおすすめします。

スカイダイビング関西体験談【画像付】

スカイダイビング風景

施設の雰囲気

施設にいる方はすごい優しく出迎えてくれました。

飛行機をしまうコンテナのような場所が施設になっています。
椅子や机もあるので待ち時間もゆっくりと待てます。

着ていく服装、靴

当日着ている服の上からな上下つながっている作業着のような服を着るので、
軽めな服装がいいとのことでした。

靴はパラシュートで着地する際に少し汚れるので、
汚れていい靴であり、履きなれたスニーカーが適しているそうです。

何分くらいダイブする?

飛行機に乗り、15分くらいでジャンプする高度に到着。

パラシュートなしで飛ぶ時間が40秒くらいで、
パラシュートありで5分程度飛びます。


この記事最後の動画見てみてください!

注意事項

施設の場所が豊岡の田舎の方にあるので、
冬の時期に行く場合は雪が積もっている場合があります。

車で行く場合注意が必要です。

12月中旬~2月はオフシーズンでやっていません。

実際の体験動画


(少し編集しています)

というわけで今回の記事は以上です。

人生で1度はにスカイダイビングを経験しておきたいですよね。
ぜひ挑戦してみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました\(^o^)/