> udemyで学習する

【C言語】繰り返し処理まとめ【for,while,do-while】【超わかりやすく解説】

本記事はC言語の繰り返し処理を学生エンジニアが初心者の方へ向けて優しく解説しています。C言語は非常に多くのエンジニアが利用する、手を付けやすい言語です。C言語での繰り返し処理を一緒に学習しましょう。

C言語の「for文」「while文」「do〜while文」の3種類の繰り返し処理についてまとめています。

求める実行結果にあわせてうまく繰り返し処理を使い分けれるように、
違いを1つづつ見ていきましょう。

for

for(初期化の式;繰り返しを調べる式;変化のための式){
    文;
    文;
    ...
}

実行例を見る方が理解が早いので、早速実行例を紹介します。

<stdio.h>
int main(void){
    int i;
    for(i=1; i<=3; i=i+1){
        printf("hello\n");
    }

    return 0;
}
【実行結果】
hello
hello
hello

「for()」のカッコの中に注目してください。
変数i を1で初期化した後に、条件 i<=3 が偽になるまで i=i+1 を繰り返し、helloを出力しています。

変数i が1から3まで増える間に、hello が3回繰り返されることになります。

下の記事で繰り返し処理のfor文を詳しく説明しています。

【C言語】for文の使い方【超わかりやすく解説】

while文

while(条件式){
    文;
    文;
    ...
}

(条件式)の式が真の場合、
文を何度も繰り返し処理することができます。

for文は繰り返し処理する回数を指定する必要がありますが、while文は指定する必要がありません。

実行例を見たほうがわかりやすいので、早速実行例を見ていきましょう。

#include <stdio.h>
int main(void){
    int i=1;
    while(i<=3){
        printf("hello\n");
        i=i+1;
    }
    return 0;
}
【実行結果】
hello
hello
hello

for文の実行例をwhile文に書き換えただけで、繰り返しの仕方や実行例は変わりません。
よく見比べてみてください。

下の記事で繰り返し処理のwhile文を詳しく説明しています。

【C言語】while文の使い方【超わかりやすく解説】

do〜while文

do{
    文;
    文;
    ...
}while(条件式);

「while文」と「do〜while文」の違いは、
「while文」は条件式が偽であれば1度も処理は実行されません。
「do〜while文」は条件式が偽であったとしても、ブロック内の処理が最低1回は実行されます。

#include <stdio.h>
int main(void){
    int i=1;
    do{
        printf("hello\n");
        i=i+1;
    }while(i<=3);
    return 0;
}
【実行結果】
hello
hello
hello

基本的には「while文」と変わりませんが、
条件式が真であろうと偽であろうと必ず1回目の繰り返し処理は実行されます。
2回目以降の繰り返しで、while(i<=3)内の条件式が判定されます。

下の記事で繰り返し処理のdo-while文を詳しく説明しています。

【C言語】do〜while文の使い方【超わかりやすく解説】

まとめ

以上で3つの繰り返し処理の構文を紹介しました。
それぞれに使いこなすためのメリット・デメリットがあります。

求める実行結果にあわせて、
うまく繰り返し処理を使い分けましょう。

以上でC言語、繰り返し処理のまとめ解説を終わります。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました\(^o^)/

C言語の超オススメ本

僕自身もこの本でC言語を完璧にマスターできました。
この1冊でC言語のほとんどが完結する、間違いのない本ですよ\(^o^)/

PCを操作する上で、トラックボールマウスも非常におすすめです!
僕も感動したこのマウスを、騙されたと思って使ってみてください!(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です