【Python】変数の宣言【超わかりやすく解説】

本記事はPythonの変数の宣言方法を学生エンジニアが初心者の方へ向けて優しく解説しています。Pythonは非常に手を付けやすく理解しやすい言語です。Pythonでの重要な変数の宣言方法を一緒に学習しましょう!

変数の宣言

num = 1
name = 'tetoblog'

num = 100

1行目で『num』という名前を付けた箱の中に『1』という数字を格納。
2行目で『name』という箱の中に『tetoblog』という文字列を格納しています。
4行目では『num』の中に入っていた『1』を『100』に置き換えています。

注意点は、文字列は「’ ‘」で囲むこと。
『num = ‘1’』とすれば、
『1』という文字(数字ではなく)を格納するという意味になります。

変数を宣言する上での注意点は、

1num = 1

上のように、数字から始まる文字列を変数名として用いることはできません。
どのプログラミング言語でもほとんどがそうなので、覚えておきましょう。
『num1 = 1』のように、数字から始まっていなければOKです。

以上のことから他の言語を習得している方は、
Pythonでは他の言語と違ってint型やchar型などの型を宣言しなくても、
変数を宣言することができることが分かると思います。

応用知識1

num = 1
name = 'tetoblog'

print(num, type(num))
print(name, type(name))
【実行画面】
1 <class 'int'>
tetoblog <class 'str'>

print(変数名, type(変数名))
とすれば、
その変数が何の型なのかを調べることができます。
型変形をしなくても良い分、
何の型なのかを忘れてしますので、この調べる手法は割とよく使います。

応用知識2

num: int = 1
name: str = 'tetoblog'

Pythonの通例ではほとんど用いることがありませんが、
上のように型を指定して変数を宣言することもできます。

とうことで、Pythonの変数の宣言について解説しました。
最後まで読んでいただきありがとうございました\(^o^)/

Pythonの超オススメ本

この1冊でPythonのほとんどが完結する、間違いのない本ですよ\(^o^)/
つまづいたときに逆引きするPythonの辞書代わりにもなります!

PCを操作する上で、トラックボールマウスも非常におすすめです!
僕も感動したこのマウスを、騙されたと思って使ってみてください!(^^)